<   2016年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

e0173670_13201050.jpg


「GW 四万温泉慰安旅行」いよいよ旅館編です♪
今回宿泊したのはコチラ!以前にも訪れたコトのある「四万温泉 柏屋旅館」です❤


e0173670_13194946.jpg


四万温泉では温泉郷の入り口付近に位置している「柏屋旅館」
和風モダンな外観で、若い女性にも人気のお宿です。

私が以前お世話になったのはもう10年以上前…パパとの結婚が決まり、高校時代の友人たちと独身最後の温泉旅行へと出掛け、お世話になったのが柏屋旅館でした。

みんなで温泉街をのんびりと散策したり、童心にかえって川遊びではしゃいだり…あの旅行は本当に楽しかったなァ♪
宿の露天風呂では野生のおサルが遊びに来て、みんなでビックリ!したり…Σ(゚Д゚)
(いや、今ではすっかり笑い話になり、まるで漫画みたいで楽しい思い出ですが、サル・露天風呂・裸という組み合わせは、実は結構怖かったンですよね^^;みんなその頃はまだうら若い乙女(?)だったしね!(笑))

夜は食事のあとに、なんとサプライズでホールケーキが登場!
結婚のお祝いをするために、みんなが私に内緒でこっそりと用意してくれていたのです(ノД`)・゜・。
すごく嬉しくて幸せで、とても感激したコトを今でもよく覚えています。

そんな私にとって素敵な思い出がある「柏屋旅館」
今回はパパとコドモたちと家族で訪れるコトが出来て、とても感慨深いモノがありました。


e0173670_13202564.jpg


愛らしいすずらんがお客さまをお出迎え❤


e0173670_13411671.jpg


宿に着いて最初に案内されたのは、落ち着いた佇まいの湯上りライブラリー。
こんな素敵な空間で、読書をしながらゆったりと過ごすのもいいですね。

10年以上ぶりに訪れた柏屋旅館。
外観はあまり変わっていないように感じましたが、旅館の内部のコトは恥ずかしながらあまり記憶がなかったりするンですよね^^;


e0173670_13174431.jpg


コチラでは専用マシンで美味しいコーヒーをいただくコトも出来ちゃいます。
なんて素敵なおもてなし!

温泉に浸かったあとは、のんびりと読書&コーヒータイム。
最高に贅沢なひとときを演出してくれそうです。


e0173670_1315579.jpg


お部屋に荷物を置いて、大正ロマン漂う1階のラウンジへ。
パパは早速生ビールをご所望(笑)運転お疲れさまでした!


e0173670_13102366.jpg


パパに勧められて、私も生ビールで乾杯!
くう~、、昼間の生ビール、サイコー!!(笑)


e0173670_13103976.jpg


ラウンジのテーブルには「生ビールを、いつもより2倍おいしく飲む方法」なるモノが…Σ(゚Д゚)
うんうん。確かにこれぞ正しい旅館での過ごし方ですな(笑)

今日は私たち大人のための「慰安旅行」だしね!
パパ、そして私、1年間お疲れさまでした~(*´▽`*)


e0173670_13193190.jpg


e0173670_1393197.jpg


お部屋へと続く廊下には、色とりどりのたくさんの浴衣が用意されていました。

コチラは「選べる浴衣」で、豊富な浴衣の中から好みの浴衣をセレクト出来るようになっていました。
わ~、、どの浴衣も素敵♪


e0173670_1395189.jpg


おもてなしの心を感じる、心ときめく嬉しいサービス。
大人女子が喜ぶこと請け合いですね!
柏屋旅館、細かいところまでぬかりがありません(笑)


e0173670_13161444.jpg


棚の一番下にはこんな子たちも。

「中之条ビエンナーレ」×「柏屋旅館」な作品の「かもしかパレード」
宿泊された方々にペイントしていただいた作品みたいですね。とってもキュート!
こういう素敵な取り組み、好きだな~❤

「中之条ビエンナーレ」は2年に一度行われているアートの祭典。
以前からとても気になっているイベントで、私もいつか行ってみたいと思っています。


e0173670_139898.jpg


今回お世話になったお部屋「花の間」


e0173670_1384013.jpg


「花の間」のために用意していただいた羊羹と桜茶。
おもてなしの心を感じながら、美味しくいただきました。


e0173670_136472.jpg






「花の間」には、和モダンな雰囲気のツインのローベッドが。
部屋に入ってすぐコドモたちがベッドの上ではしゃいだので、ベッドメイクが乱れてしまっていますね^^:
いつもはお布団を敷いて寝るタイプのお部屋を選ぶコトが多いのですが、ベッドのあるお部屋は着いてスグにゴロゴロ出来るところが嬉しいですネ(笑)

家族4人で宿泊したので、私とmomo、aiはベッドで。
パパはお隣のお部屋にお布団を敷いていただきました。

最初はパパだけ別部屋で申し訳ないな…と思ったのですが、家族の中でいつも一番早起きなパパは、翌日お隣のお部屋で私たちに気兼ねするコトなく早朝からテレビを見るコトが出来て、意外と快適で良かったみたいです^^;
ホントおじいちゃん並み(?)に起きるのがいつも早いンですよね、我が家のパパさん。。





e0173670_136395.jpg


そしてコチラが楽しみにしていた、源泉掛け流しの露天風呂。

私たちが宿泊した「花の間」は 、畳のフロアにツインのローベッドを備えた寝室、源泉掛け流しの露天風呂が付いた、ちょっと贅沢なお部屋。
慰安旅行なので今回は奮発して、ちょっぴり特別なお部屋にお泊りさせていただきました♪
1年間の苦労が報われたカンジですね(笑)


e0173670_1381275.jpg


新緑がまぶしくてとってもキレイ!
露天風呂から眺める四万の新緑は、開放的な心地よさも相まって美しさも格別です。

当たり前ですが、宿泊中はこの露天風呂を私たちが独り占めできるなんて、なんて贅沢なの~!

全員でいっぺんに入るのはさすがに無理(笑)でしたが、早速家族で順番にお部屋付きの露天風呂を満喫♪
露天風呂から出ればスグにお部屋なので、温泉に入る用意も必要なくて楽ちん、楽ちん❤


e0173670_137236.jpg


レトロな雰囲気の洗面所は清潔でアメニティも充実していました。


e0173670_1372014.jpg


「柏屋」のロゴが入ったタオルや歯ブラシ。
可愛くてセンスも良し!


e0173670_13474179.jpg


タオルなどは、あらかじめ温泉用のカゴの中にキレイにまとめられていました。
柏屋旅館、おもてなしの心が溢れ過ぎて渋滞してます(ノД`)・゜・。


e0173670_13485063.jpg


momoは露天風呂を出て、早速浴衣にお着替え!
ピンク色の浴衣、とっても可愛いネ❤


e0173670_1358262.jpg


そしてお待ちかねの夕食の時間です♪
夕食はお部屋出しでいただきました。

我が家のパパさん、お料理はリラックスできるお部屋出しが好みなんです。
柏屋旅館は3人までお部屋で夕食をいただくコトが出来るので、我が家にはピッタリでした^^*


e0173670_1402647.jpg


まずは食前酒で乾杯!お疲れさまでした~♬

食前酒としていただいた梅酒は、甘くてとっても美味❤
美味しくておかわりしたいくらいでした(笑)


e0173670_13591792.jpg


e0173670_13593131.jpg


地元の野菜や旬の素材を活かした、見た目も美しくヘルシーなお料理の数々。


e0173670_1405592.jpg


e0173670_141347.jpg


丁寧に作られたお料理に、柏屋旅館ならではのこだわりと季節を感じるコトが出来ました。
ココロもカラダも満たされた、美味しい創作料理をどうもごちそうさまでした❤


e0173670_13595988.jpg


コチラはお肉大好き!なaiのために、パパが追加でお願いした上州牛サーロイン150gのステーキ肉。

美味しいお肉にaiも大満足!(*´▽`*)
momoにも少しお裾分けして、コドモたちであっという間にたいらげてしまいました(笑)


e0173670_1415092.jpg


最後は〆のデザート。
私の好きなモノばかりで幸せ~❤

夕食は全体的にほどよい量に感じましたが、デザートを食べ終わる頃には、すっかりお腹いっぱいになっていました^^;



e0173670_144452.jpg


翌日も朝から贅沢にお部屋の露天風呂❤
momoとふたりでゆったりと湯に浸かったのですが、朝の凛とした空気の中で入る熱めの露天風呂、気持ちが良くてとても癒されました。

四万の新緑は生命力に溢れていていつまでも眺めていたいくらいキレイで…。
気持ちのいいこの季節に四万温泉を訪れるコトが出来て、本当に良かったな。


e0173670_1435115.jpg


露天風呂からの眺め。

宿のスグ前には川が流れていて、心地の良いせせらぎも聞こえました。
流れているのは非日常の時間。



e0173670_1454480.jpg


朝食は食事処でいただきました。
「食事処」…と単純に呼んでしまうにはあまりにも素敵な、洗練されたハイセンスな会場でした。

柏屋旅館での朝食は「地元食材満載のヘルシー和食」「焼き立てパンやおいしいコーヒーの洋食」「ゆっくり朝寝坊のブランチ」から選べるようになっています。
3タイプからお好きな朝食が選べるなんて、なかなかないサービスですよね!

気になる「ゆっくり朝寝坊のブランチ」は、温泉街の中にある系列店の「柏屋カフェ」で、バケットサンドイッチランチ、週替わりパスタランチ、柏屋カレー、ロコモコなどから選べるのだそう!ちなみにランチドリンク付き。
時間は11:00から15:00とのコトでした。

和食、洋食、そしてカフェのブランチ…それぞれに魅力的!
さてどれにしよう??



e0173670_14112113.jpg



すごく迷ったのですが、パパも私も洋食をいただくコトにしました。
宿の美味しい和朝食も気になったのですが、昨夜は和食を堪能したので、朝は洋食で決定~♪

柏屋カフェの朝寝坊なブランチもとても魅力的だったのですが、川沿いにある無料の公共駐車場は昨日とても混雑していたので、今日こそは確実に駐車出来るよう早めに宿を出て、散策しながらカフェでお茶するコトにしました。



e0173670_1482281.jpg


宿で焼き上げるクロワッサンは絶品!
香り高いコーヒーとも相性抜群でした。


e0173670_149377.jpg


e0173670_141045.jpg


e0173670_14103155.jpg


素敵な器にバランス良く盛り付けられた、地元の養鶏場の卵を使ったスパニッシュオムレツ。
特製のソースとともに美味しくいただきました❤

全体的にとても美味しかったのですが、朝の洋食は量としては少し軽めな印象だったかな??
パパにはちょっと物足りないカンジに思えました^^;


e0173670_13431111.jpg


和モダンの素敵な宿に、創作意欲を感じる美味しいお料理、そして細やかなおもてなしの心…。
スタッフの皆さんは明るく親切できびきびとしていて気持ちが良く、滞在中とても快適に過ごすコトが出来ました。

スタッフの方々が身にまとっていたお揃いのユニフォームもとてもセンスが良くて、柏屋旅館のイメージにピッタリ❤
男性スタッフさんにそのコトを伝えたら、照れくさそうにしていたっけ^^*
素敵なユニフォームの写真がないのがとっても残念、、せっかくだからお願いして撮らせてもらえば良かったかな(笑)

素敵な温泉ライフを満喫するコトが出来て大満足!だった、四万温泉 柏屋旅館でした。
どうもお世話になりました♪


e0173670_13184376.jpg


四万温泉 柏屋旅館(HPは→コチラ☆)

群馬県吾妻郡中之条町四万3829
TEL 0279-64-2255 / FAX 0279-64-2973


まだまだ続く「GW 四万温泉慰安旅行」(笑)
次回は四万の温泉街をぶらぶらしちゃいます♬




ランキングに参加しています。

お帰りの際にポチッ☆としていただけると、ブログ更新の励みになります。


人気ブログランキングへ



[PR]
by kaori-mainiti | 2016-08-11 13:02 | 旅行 | Comments(6)
e0173670_14132026.jpg


「四万の甌穴群」&「森のカフェKISEKI」をあとにした私たち。
宿のチェックインまでまだ時間があったので、温泉街からは少し離れた場所にある四万川ダムまでちょこっとドライヴ!

宿のチェックインの時間も近かったので、本当は温泉街を軽く散策しようかな~と思っていたのですが、そこはさすがのGW!
川沿いの駐車場は満車状態&渋滞していて全く動く気配がなかったので、温泉街は明日のお楽しみというコトに。

それにしても、四万温泉にはこれまでも2度訪れているというのに、コチラのダムに立ち寄ったのはなんと今回が初めてでした。。


e0173670_14142061.jpg



鮮やかなブルーの湖面。
晴れた空と新緑とのコントラストがとても美しく爽快な眺め。
湖水の色は天気や時間帯によって、刻々と変化するのだそう。


e0173670_14155180.jpg


恐る恐る下を覗き込むaiとmomo。

89.5メートルの堤高は、群馬県が運営するダムとしては最も高いのだそう!
私は高所がダメなので心臓がドキドキ☆
足がすくんでしまって、あんな風に覗き込むのはとっても無理です。。


e0173670_14184245.jpg


ダムの周りは自然が豊か。
新緑の美しさにも目を奪われます。


e0173670_1419712.jpg


美しく整備された巨大な四万川ダム。
周囲には散策を楽しむ観光客の姿も。


e0173670_14192337.jpg


高所が苦手な私ですが、思い切ってカメラだけ外に出し、ダムを激写!(笑)

ゔっ、、やっぱり高い~(゚Д゚;)
目もくらむような高さに、頭がくらくらしてしまいました。。

ダムといえば、昔はよく草木ダムを訪れましたが、子供心に「ダムって大きくて深くて、なんだか怖い雰囲気だな~(◎_◎;)」と思ったものでした。
そういえば、まだパパとふたりだった頃、夫婦で旅した黒部ダムも圧巻だったなァ~


e0173670_14205698.jpg


四万川ダムをあとにして、次の目的地へとクルマを走らせます。

先ほどの四万川ダムを下から望むコトが出来ました。
やっぱりスゴイ高さ!


e0173670_20105391.jpg


次なる目的地はコチラ。
日向見地区に現存する県内最古の寺院建築「日向見薬師堂」です。


e0173670_14254296.jpg


コチラも訪れるのは初めて!
四万の温泉街から離れた場所に、日向見地区というこんな奥ゆかしい観光スポットがあることすら知りませんでした。。

少し離れた駐車場にクルマを止めて、のんびり散策しながら向かいました。


e0173670_14262967.jpg


e0173670_14265175.jpg



静かな佇まいの「日向見薬師堂」


e0173670_1428373.jpg



小さなお堂ですが、茅葺屋根がとても立派でした。
風情がありますね~


e0173670_14285264.jpg


e0173670_1429597.jpg



各地から訪れたたくさんの方々のおしゃもじが奉納されていました。
時間がゆったりとおおらかに流れているような…そんな「日向見薬師堂」でした。



e0173670_1431526.jpg



「日向見薬師堂」は心落ち着く渋くて私好みの素敵スポット❤でしたが、パパやai&momoにはちょっぴり退屈だったようで…^^;
GW真っ只中でしたが、日向見地区は比較的観光客も少なく、ゆったりと時間が流れている…そんな印象でした。



e0173670_14293436.jpg



「日向見薬師堂」の隣には、四万温泉発祥の地といわれる「御夢想の湯」があります。
なんて素敵な佇まい!



e0173670_14294861.jpg


「御夢想の湯」は無料の共同浴場で、9:00~15:00の間利用可能とのコト。
木造の湯屋造りがとても目を惹く外観ですが、コチラの建物は2006年1月に建て替えられリニューアルオープンしたモノなのだそう。

日帰り温泉に入る用意はしていなかったのですが、内部がとても気になりました。
こんな場所でゆったりと湯に浸かるのも、情緒があっていいですね~


e0173670_1427532.jpg


とても気になったお店「お休処 あづまや」

「日向見薬師堂」のスグそばで営業していたのですが、看板もレトロな雰囲気でいいカンジ♪
「カフェ」ではなくて「喫茶」というところも、日向見地区の雰囲気に似合っていますネ!


e0173670_14322787.jpg


素敵な外観の建物に誘われて、コチラにも立ち寄りました。
階段を上がった先にあったのは…


e0173670_1631321.jpg


「つるや」さんの裏に佇む「薬王寺」
無病息災のお寺として、昔から湯治客に親しまれてきたのだそう。

ところで「つるや」さんは、四万の甌穴群のあとに立ち寄った「森のカフェKISEKI」さんを経営されているお宿なんですよね~

日向見地区のどこかひなびた昭和レトロな雰囲気は、旅情を誘ってとても魅力的でした^^*
四万温泉を訪れた際には、ぜひ少し足を延ばしてゆるりと散策を楽しんでみて下さいネ。


e0173670_14313097.jpg


帰り道、真正面から四万川ダムを望むコトが出来ました。
迫力の存在感!

GW 四万温泉慰安旅行、次回はいよいよ(?)旅館編です♪




ランキングに参加しています。

お帰りの際にポチッ☆としていただけると、ブログ更新の励みになります。


人気ブログランキングへ

[PR]
by kaori-mainiti | 2016-08-05 20:08 | 旅行 | Comments(2)
e0173670_1682717.jpg


さてさて。
「大理石村ロックハート城」でプリンセス体験❤を楽しんだ私たち。
四万温泉に向かう前に立ち寄ったのはコチラ!

四万温泉の入り口に位置する、群馬県指定天然記念物「四万の甌穴群」です♪


e0173670_160139.jpg


e0173670_1655041.jpg


四万温泉を訪れるのはこれで3度目となる私ですが「四万の甌穴群」に立ち寄ったのは、実は今回が初めて!
前回四万温泉を訪れたのは大分前のコトなのですが、その時はあまりリサーチしないで出掛けていたので、こんな自然の名所があったとは、まるで知らなかったのです^^;

ではでは、いざ初めての「四万の甌穴群」へ!


e0173670_1605785.jpg


階段を下りて「四万の甌穴群」へと向かいます。


e0173670_1613765.jpg


e0173670_1611478.jpg


e0173670_1619041.jpg


ところで「甌穴」とはなんぞや?ですよね。

甌穴とは川の流れが渦巻き状になることにより、石や砂が同じところを何度も循環し、川底の岩盤と接触して侵食されてできた丸い穴で「ポットホール」とも言うそう。
この文だけだと「?」というカンジですよね^^;


e0173670_1615125.jpg


階段は思ったよりも結構急だったので、お年寄りや小さなお子さんは注意して下りないといけませんね。


e0173670_1671455.jpg


e0173670_162769.jpg


それにしても新緑が鮮やかで、目に染みるような美しさ!
四万川の涼やかなせせらぎも耳に心地よく、とても癒される~♬


e0173670_1675097.jpg


「四万の甌穴群」が見えてきました。

四万川の印象的な美しいブルーが目に飛び込んできて、なんだか神秘的な眺めです。
水の透明度も高くてとってもキレイ!


e0173670_168119.jpg


川のほとりから眺める「四万の甌穴群」
マイナスイオンたっぷりで、なんて気持ちのいい場所なの~!!\(^O^)/

岩場にぽっかりと開いた丸い穴。なるほど!コレが「甌穴」なのネ!
まるでくりぬかれたかのような丸い穴が、岩場のあちこちで確認できます。
不思議~☆


e0173670_169018.jpg


数万年もの長い年月をかけて生み出された、まさに自然の芸術作品!

「四万の甌穴群」では、大小8個の甌穴が見られるそう。
大きいものは口径8m、深さ3.2mを超えるそうですよ~。


e0173670_16435880.jpg



岩場で語らっていたカップル。
爽やかでとってもいい雰囲気でした❤


e0173670_16135841.jpg


コチラはひょいひょいと華麗なステップで岩場を駆け上がっていたお兄さん。

軽やかな身のこなしに「すごいなァ~☆」と見ていたのですが、帰りにすれ違った彼は上半身裸に腰にはバスタオル…(◎_◎;)
もしや水に落ちて、びしょぬれになってしまったのかしらん^^;


e0173670_1615447.jpg


その昔、甌穴は子どもの水遊び場だったのだそう。
確かに夏場は涼しくて楽しそうですよね!

我が家はmomoがちょろちょろするとちょっと危ないカンジだったので、ほとりからそっと見学してその場をあとにしました。


e0173670_16353980.jpg


帰りに駐車場内に佇む素敵なカフェへお邪魔しました。

コチラは「森のカフェKISEKI」
四万温泉に行ったら、ぜひ立ち寄ってみたいと思っていた都会的な外観のカフェ。


e0173670_16203973.jpg


タイミング良くテラス席に座るコトが出来ました。
新緑の美しい森をバックに、四万川の心地よいせせらぎに小鳥のさえずりまで聞こえ…この上なく素敵なロケーション!


e0173670_1621138.jpg


aiとmomoはベイクドチーズケーキと地元りんご園のりんごジュースをオーダー。
私はアイスカフェ・ラテをいただきました❤

チーズケーキは甘すぎない優しいお味。
口当たりもなめらかで、aiとmomoに好評でした❤


e0173670_16233356.jpg


まるで森と一体となっているかのような、開放的な店内。
居心地が良くて、ついついくつろいでしまいました♪


e0173670_16235374.jpg


広い店内には作家さんの作品を展示しているギャラリースペースもありました。
アートに触れながら、まったりのんびりと過ごす森のカフェ。

居心地のいい、癒しのカフェタイムを満喫するコトが出来ました❤


「森のカフェKISEKI」

住所 群馬県吾妻郡中之条町四万3497
TEL 0279-64-2290


そして「GW 四万温泉慰安旅行」は③へと続いちゃいます♪(*´з`)




ランキングに参加しています。

お帰りの際にポチッ☆としていただけると、ブログ更新の励みになります。


にほんブログ村 グルメブログ ランチへ
にほんブログ村




人気ブログランキングへ


[PR]
by kaori-mainiti | 2016-08-03 15:51 | 旅行 | Comments(0)
e0173670_1544356.jpg


GWに家族で旅行した「四万温泉慰安旅行」
世はすでに夏休み(!)ですが、家族の覚え書きとして今さらながらこれからしばらくの間、四万温泉旅行記を綴らせていただこうと思います^^;

本当は6月のイベント終了後に綴ろうと思っていたのですが、その後りんご病に感染したりと日々もたもたしている間に、すっかり夏休みに突入してしまいました。。
旅行のコトを綴り始めると、毎回とっても時間が掛ってしまうので「このままもうスルーかな??」とも思ったのですが、お蔵入りにするのも悲しいしね^^;

タイトルの「慰安旅行」ですが、文字通り私にとっては慰安旅行!
実は昨年度はaiの小学校のPTA会長を務めていたのですが、予想以上に色々と大変で、イベント活動などもほぼお休み状態(涙)
そんな私を見かねて「全部終わったら温泉に行こう!」と以前からパパが励ましてくれていたのです(ノД`)・゜・。
(パパも疲れるとよく「温泉に行きたい…」と言っていたしね(笑))

というわけで、温泉を励みになんとか任期を乗り切った私。
かくして四万温泉で「世のちり」を洗い流す、大人のための慰安旅行に晴れて出発です(笑)

自宅を出発して最初に向かったのは「大理石村ロックハート城」
今回は目的地が温泉というコトで、大人が癒されるコトが第一目的!(笑)で決めた慰安旅行。
パパと私は楽しいけれどコドモたちは…??だったので、aiとmomoも楽しめそうなスポットに立ち寄るコトにしました。


e0173670_1553891.jpg


やって参りました!初めての「大理石村ロックハート城」
映画やドラマなどのロケ地として有名なスポットですが、今までテレビなどではよく見かけていたけれど、訪れたのは今回が初めて!
群馬県出身の私ですが、埼玉、栃木に限りなく近い県境付近の出身なので、同じ群馬県でもこのあたりには今まで足を運んだコトがなかったンですよね~^^;


e0173670_15533645.jpg


e0173670_15534894.jpg


入場前のエリアですが、早くも中世ヨーロッパの雰囲気が漂っていて素敵❤

出発前にHPをチェックして「入場料割引10%OFFクーポン」もしっかりゲット!(笑)
ではでは、いざ中世ヨーロッパの世界へ~♪


e0173670_15541438.jpg


e0173670_15542435.jpg


e0173670_1675615.jpg


e0173670_1555377.jpg


e0173670_1681237.jpg


e0173670_15554944.jpg


場内は中世ヨーロッパの街並みを見事に再現!
ここが群馬だとはとても思えません(笑)

正面に見えるロックハート城は、スコットランドの城を移築・復元したモノなのだそう。
英国の古城、素敵ですね~❤


e0173670_1684964.jpg


ドレスに着替えてハイ、チーズ❤
気分はまさにプリンセス!?(*´▽`*)

大理石村ロックハート城にやって来たのは、ドレスを着てお城の周りをお散歩するコトができる「プリンセス体験」が目的だったのです❤
ふたりとも仲良くブルーのドレスをチョイス♬


e0173670_169346.jpg


momoはドレスが着られて大喜び!\(^O^)/
おすまし顔ですっかりプリンセスになりきっています(笑)


e0173670_1693637.jpg


お天気がやや心配だったのですが、ドレスに着替え終わる頃には回復して、外でのお散歩もOK!に。
せっかく来たンだから、やっぱりお城の周りをお散歩しながら写真撮りたいもんね~☆

aiも数年前だったら間違いなく喜んだと思うのですが、お年頃なのでしょうか最初はちょっと微妙な反応^^;
でもいざドレスに着替えたら、まんざらでもなさそうでした(笑)

ただaiの選んだドレスはサイズが大きめで…。。
ドレスを踏まないように外に出るのも一苦労でした^^;

「プリンセス体験」はたくさんのドレスの中から好みのドレスを選ぶわけですが、試着は何度でもOK!
観光客の多い時期には、早い時間に来た方がサイズの合う好みのドレスをゲットできるカモ!?

momoは意外とすんなり決まったのですが、aiに合うサイズのドレスがあまりなくて、何度も試着したりして決めるのに結構時間がかかってしまいました。。
パパ、我慢強く待っててくれてどうもありがとうネ(笑)

せっかくなので、我が家はティアラ・ウィッグなどの付け放題のコースも追加しました♪
ちなみにヘアメイクなどのサービスはないですよ~☆

「プリンセス体験」はファミリーやカップル、若い女性のグループにも人気なようでした❤


e0173670_15544124.jpg


コチラはお土産などが購入できるショップエリア。
メルヘンチックな世界観が素敵❤


e0173670_1555596.jpg


ハートにたくさんの願いを込めて…❤
カップルで訪れれば、ロマンチックな気分に浸れそうですね。


e0173670_16135351.jpg


momo、ショップで一目惚れしたピンクのワンちゃんとパチリ☆

コチラはロケで訪れた、たくさんの有名人たちのサインが紹介されていたスペース。
ロックハート城を訪れた有名人たちのサインがズラリ!

私は普段そんなにミーハー(死語)な方ではないと思っていますが、有名人のサインの数々にはちょっぴり感動しちゃいました(*´з`)
aiとmomoはかなりテンション上がっていたっけ(笑)

それにしてもサインの展示だけで、これだけのギャラリーを作れちゃうなんて、ロックハート城スゴイですね~☆


e0173670_1611363.jpg


momoはプリンセス体験がいたく気に入ったようで、終始ご機嫌でした♪
喜んでもらえて良かったァ❤

中世ヨーロッパの雰囲気の中で、お姫様気分を味わうコトが出来た「大理石村ロックハート城」なのでした^^*


「大理石村ロックハート城」HPは→コチラ

群馬県吾妻郡高山村大字中山5583-1
TEL 0279-63-2101 .

営業時間 9:00~16:30
定休日 年中無休


「GW 四万温泉慰安旅行」はまだ始まったばかり!
これからしばらく続いちゃいま~す^^;



ランキングに参加しています。

お帰りの際にポチッ☆としていただけると、ブログ更新の励みになります。

人気ブログランキングへ

[PR]
by kaori-mainiti | 2016-08-02 15:44 | 旅行 | Comments(0)

コドモ服やハンドメイド、イベント活動などなど。お気に入りのカフェや雑貨屋さん、毎日の小さな出来事などを綴っています**


by kaori-mainiti
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31